相続のとびら|【悩む前に無料相談!!】三重での相続解決実績多数『相続のとらび』まで

HOME > 相続解決事例 > 相続人は私だけではなかった・・・あなたはだぁれ?初めて知る異父兄弟の存在!?

相続人は私だけではなかった・・・あなたはだぁれ?初めて知る異父兄弟の存在!?

母の死後に発覚!面識のない異父兄弟が相続人!?|『相続のとびら』代表行政書士西川徹が、三重県津市、松阪市、伊勢市で多数の相続問題解決

ご相談当時の状況

  • お母様が亡くなったことによる相続手続きのご依頼
  • お父様は既に亡くなっている
  • 相続人は自分だけだと思っていた
  • 預貯金はほとんどなくて、不動産のみ

 

自分だけが相続人じゃないの??面識のない異父兄弟も相続人!?

自宅が母親名義になっていて、名義変更をしなければと思っていたけれど忙しいこともあって、そのまましばらく放置していました。

自分だけが相続人だと思っていたから・・・

ようやく重い腰を上げ手続きをしようと来所させれました。

 

ところが・・・

戸籍を集めてみると、なんと母親には離婚歴があり、前夫との間に子供が・・・

つまり、異父兄弟がいたのでした・・・

しかも、その異父兄はすでに亡くなっていて、子供が3名も・・・

付き合いもないし、全然連絡先も分からない。

 

異父兄弟の子供たちに連絡し、署名捺印をいただく

このままでは、相続手続きを先に進めることができないので、異父兄弟の子供たちに連絡をとり、事情をお話させてもらい、全ての情報を開示することで納得してもらい、遺産分割協議書に署名押印いただくことができました。

 

相続人の遺産分割協議書が揃い、司法書士さんに名義変更申請

全ての相続人の遺産分割協議書がそろいましたので、弊社提携の司法書士へ名義変更申請の依頼を行い、無事手続き完了。

 

被相続人名義の不動産登記簿を相続人名義に変える手続きを、相続登記(不動産登記)と言います。

出典:埼玉・大宮あんしん相続税相談室 『不動産の名義変更(相続登記)の手続き』 より

 

弊社行政書士の独り言

伊勢市『相続のとびら』代表行政書士 西川徹

両親がどのような人生を歩んできたのか??

直接的に聞き出すことが難しい場合もありますが、時期をみて聞いておく必要がありますネ。

もし、お母様がご存命の時に来所されたのでしたら、弊社としては、遺言書の作成をオススメし、附帯事項でなぜ遺言書を作成したのか??その経緯も記載させていただくことになります。

また同時に、異父兄弟の遺留分の請求への対応としてそれだけの資金を確保しておく準備をご提案させていただいと思います。

異父兄弟の相続分を無くすことはできません。ですが、ムダ争いを少しでも避けるためにも遺言書を作成し、お母様の想いを伝えていくことが必要です。