相続のとびら|【相続に強い】三重の専門家、伊勢・松阪・津で問題解決多数!

HOME > 相続解決事例 > 遺言書があればもっと簡単だったのに・・・。相続人は時間が経つほど複雑化

遺言書があればもっと簡単だったのに・・・。相続人は時間が経つほど複雑化

遺言書があればもっと簡単だったのに・・・。相続の手続きは、相続人が増えるリスクあり

ご相談当時の状況

  • Aさんのご主人の不動産の名義変更をしたい
  • 自分のお子様は病気で亡くなられている
  • ご主人に遺言を書いてもらう前に亡くなられた

 

 

大切な土地なので自分の名義にして守っていきたい。

ご主人様が残されたのは一筆の土地ですが、奥様にとっては大切な土地なので自分の名義にして守って行きたい。
ご主人のご両親は既に亡くなられており、奥様とご主人の兄弟姉妹5人が相続人です。直ぐに手続をしたい依頼があり、戸籍を確認すると、ご主人には5人の子供の他に、母親が違う妹が一人いたのです。その方も亡くなっていたため、3人の子供達が相続人になりました。
奥様は顔が青ざめるほどビックリされ、名義が変えられるのか心配しておられました。
が、手続の準備を進めて、押印書類をお渡し致しました。

相続できる範囲はどこまで?
 出典:Authense法律事務所 相続できる範囲はどこまで?法定相続人の範囲と相続の順位 より

一人の方が書面に応じてくれない

半年経っても書類が戻らず、奥様に確認をしましたら5人の内の一人がなかなか書面に応じてくれないとのことでした。
さらに一年が経過し名義変更を諦めてかけていたところ、やっと書面に応じてくれたと連絡が来ました。
ホッ!としたのも束の間、なんと手続が進まないでいた一年半の間に母親の違う妹の子供さんが一人亡くなってしまったのです。更に3人相続人が増えてしまいました。

なんとか名義を変えることに

とても憔悴しきった奥様を励ましながら、なんとか名義を変えることができました。
最後に奥様が、「遺言書を書いてくれていたらこんなに大変な思いをしなくてよかったのに。」とおっしゃっていた言葉が深く印象に残っています。
やはり相続の手続きは、相続人が増えるというリスクがあることと、遺言の大切さは、日々強くなっていきます。